ドコモ光(フレッツ光)よりNURO光に乗り換える際に注意する事

NURO光への乗り換え

NURO光は最大2Gbpsの通信速度を誇る、快適なネット環境を作り出せるインターネットサービスです。既に他社との契約でインターネットを利用している人も、その早い通信速度を目当てに「乗り換え」を行う人が少なくありません。

しかし、ドコモ光を利用中の人がNURO光に乗り換えるにあたっては、いくつか注意しなければならない点があるのです。
 

プロバイダは一体型の「So-net」のみ

まずは「プロバイダ」の話です。ドコモ光を利用中の人は、ドコモとは別にフレッツ光に対応したプロバイダと契約しています。このプロバイダなのですが、NURO光ではサービス一体型のプロバイダである「So-net」しか利用できないのです。
 
なので、ドコモ光を利用しているほとんどの人が、NURO光に乗り換えるにあたってプロバイダを変更しなければならないのです。場合によっては面倒な手続きを行わなければなりません。
 
もう一つ、実はNURO光を利用できる人は限られているのです。「So-net」は、関東地方の一部の地域でしか利用することができないのです。つまり、必然的にNURO光を利用できるのも関東地方に住んでいる人に限定されるのです。それ以外の地域の人は、そもそもにNURO光を利用することができないという点にも注意が必要です。
 

プロバイダの解約にはお金がかかる場合が

契約しているプロバイダや契約内容にもよりますが、プロバイダを解約するにあたっては「違約金」や「解約金」を支払う必要がある場合があります。

支払いが発生する条件は各プロバイダの種類や契約内容にもよりますが、決して安い金額ではないでしょう。ただでさえNURO光への乗り換えにも初期費用がかかりますから、出費がかさむのは痛手となります。
 

ドコモ光を定期契約している場合は解約金が必要

プロバイダだけでなく、大元のドコモ光でも解約にはお金がかかります。特に、2年の定期契約をしている場合には、戸建てで13000円、マンションで8000円の解約金が必要になります。

ドコモ光では2年間の定期契約を結ぶことで、毎月の利用料が戸建てで1500円、マンションで1000円安くなります(厳密には定期契約でない場合は基本料金の前述の料金が加算される)。

9ヶ月以上の利用をしていないと、定期契約による割引総額が解約金を上回ることはありません。なので、解約金を支払っても結果的に定期契約をしなかった場合よりも損をしないようにするには、9ヶ月以上利用しなければならないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>